日本中の楽器が大集合!楽器フェア2018参加レポート(その1)

皆さんこんにちは、lalatoneインフルエンサーのTanakaです。

先日こちらの記事でご紹介した、楽器フェア2018。最終日の3日目に、僕も参加してきました。

日本最大の楽器イベントである楽器フェア2018の参加レポートを、何回かに分けてご紹介していきたいと思います。

とにかく管楽器が多かった!楽器フェア2018にブース出展していた楽器店の紹介

YAMAHAブランドの楽器が大集合!ヤマハミュージックジャパン

楽器フェアの会場に到着して一番に目に入ったのが、ヤマハミュージックジャパンさんが出展していた極大ブース。

他のブースの3〜4倍もある面積で、ヤマハブランドの楽器がズラッと並んでいました。

ヤマハの管楽器といえば日本の管楽器プレイヤーには特に馴染み深いものかと思いますが、普段行くような小さいショップではなかなかお目にかかれないレアな型番がいくつもありました。

楽器フェアでは展示楽器のほとんどすべてが試奏可能。僕もいくつかのブースでトランペットを吹き比べしてみましたが、やはりヤマハの安定感は底しれません。

「自分の楽器がほしい!と思っている管楽器奏者には、まずはヤマハの楽器を吹いてみてほしいなぁ。」と改めて感じた日となりました。(もちろん個人差はありますよ!)

なかなかお目にかかれないレアなブランドも!株式会社グローバル

次に訪れた展示ブースは、管楽器プレイヤーなら知らない人はいない(はず)、高品質な楽器を数多く日本に届けてくれている株式会社グローバルさんのブースでした。

シルキーやB&Sのトランペット、ミラフォンのチューバなど、メジャーな海外製管楽器が数多く展示されており、とても多くの方が足を運び試奏を楽しんでいました。

日本全国の楽器店に楽器を卸しているとのことなので、是非お近くの取扱店舗に足を運んでみましょう!

とてつもなくかっこいいサックス!野中貿易株式会社

楽器フェア会場をプラプラ歩いていたときに目に飛び込んできた、思わず「なんだこれ!?」と心の中で叫んでしまったこのサックス。

ジャズやポップスで大活躍のサックスは、管楽器の中でも塗装のバリエーションが多いイメージはあったのですが、はじめてみる仕上げにテンションが挙がってしまいました。

どうやらこれはANTIGUA WINDS(アンティグア・ウィンズ)というメーカーの「スプレンディッドフィニッシュ」と呼ばれる仕上げのサックスのようで、「いま絶賛売出し中!」とのことでした。

特筆すべきはその音色。明るく華やかな音色で、ジャズやポップスにピッタリという印象でした。

気になるサックスプレイヤーは是非探してみてください!

気になる方は是非ショップへ!

楽器フェア2018にブース出展していた楽器店や会社は、どちらも首都圏に店舗があったり、首都圏の店舗に卸している業者さんばかりでした。

この記事で気になる楽器を見つけた方は、是非取扱いのある店舗に足を運んでみましょう。