鍵盤ハーモニカもかっこいい!?楽器フェア2018参加レポート(その3)

皆さんこんにちは、lalatoneインフルエンサーのTanakaです。

楽器フェア2018参加レポートの第3弾は、皆さんも演奏したことがあるであろう「鍵盤ハーモニカ」のご紹介をしたいと思います。

鍵盤ハーモニカも大人仕様に

楽器フェアには、専門的な管楽器や弦楽器、鍵盤楽器が数多く展示されていました。しかし、それだけではありません。

皆さんがかつて音楽の授業で演奏していた「鍵盤ハーモニカ」の進歩もみることができました。

「鍵盤ハーモニカ」というと、小学校や中学校の授業で使うイメージが強く、なんとな〜く子供っぽい楽器のイメージがありますよね。

僕自身も結構そのイメージが強かったのですが、楽器フェアを見に行ったことでイメージは一変。
最近は、「大人仕様の鍵盤ハーモニカ」が発売されているようなんです。

楽器フェア2018会場では、ヤマハさん、スズキさんが、大人仕様の鍵盤ハーモニカを展示していました。

ヤマハ 大人のピアニカ P-37Eシリーズ

ピアニカというと、水色やピンク色などのパステルカラーでポップな印象のある楽器ですが、このピアニカは大人仕様。大人でも使いやすい、落ち着いた外観とカラーリングで「ピアノっぽい」イメージの楽器に仕上がっていました。

ヤマハスタッフの方にお話を伺ったところ、「ピアニカというのは誰もが経験したことのある楽器。誰でもはじめやすいからこそ、大人にも楽しんでもらえるようこういった商品を開発したんです。」とのこと。

性別・年齢に関わらず、音楽を楽しむことはとても貴重な体験です。
ヤマハさんの開発における素晴らしい考えをお聞きして、とても素敵だと思いました。

ちなみにこの楽器、販売価格は13,000円(税抜)。
価格としてもはじめやすい、とても良いシリーズだと思います。

「なにか音楽をはじめたい。」と考えている方にとって、最良の一台になるかもしれませんね。

スズキ 木製鍵盤ハーモニカ W-37

一方スズキさんの方では、なんとも存在感のある鍵盤ハーモニカが展示されていました。

なんとこの鍵盤ハーモニカ、鍵盤やボディがすべて木製なんです。
スズキさんの鍵盤ハーモニカは「メロディオン」という商標で販売されていますが、この商品は「木製鍵盤ハーモニカ」。メロディオンとは一線を画す存在のようです。

スズキスタッフさんによると、こちらは主にプロ鍵盤ハーモニカプレイヤーの方向けの楽器だそう。
お値段は135,000円(税抜、市場予想価格)と、なかなか高級品です。

しかし、こういった鍵盤ハーモニカがあることによって、鍵盤ハーモニカは子供だけのものじゃないイメージが強まります。
コンセプトもすばらしく、僕も(お金があったら)ぜひほしい一台です。

鍵盤ハーモニカにもプロの世界はあるんです。

スズキさんの木製鍵盤ハーモニカのように、プロの鍵盤ハーモニカプレイヤーの方向けのモデルも世の中にはあります。

「じゃあ、鍵盤ハーモニカのプロの世界ってどんな感じなの?」

実は鍵盤ハーモニカは、ロックやジャズなどのバンド編成で演奏する音楽ジャンルでは、度々使われる楽器なんですが、世の中には鍵盤ハーモニカ一筋で活動されている方も多くいらっしゃいます。

例えば、アメリカを拠点に活動する鍵盤ハーモニカユニット「Melodica Men」もその一人。
昨年YouTubeで公開されたこの「Star Wars Medley(スター・ウォーズ・メドレー)」という動画は、なんと170万回以上も再生されています。

鍵盤ハーモニカも、演奏の仕方によってはとても奥が深いことを教えてくれますね。
皆さんもタンスの奥から引っ張り出して、もう一度鍵盤ハーモニカをはじめてみませんか?