まだ紙の楽譜なんて使っているの?iPadで使えるおすすめ電子楽譜アプリ2つをご紹介

皆さんこんにちは、lalatoneインフルエンサーのTanakaです。

皆さんは、楽譜の管理はどうされていますか?

吹奏楽やオーケストラの楽団に所属していると、紙の楽譜をクリアファイルにまとめている光景をよく見ます。というか、それが当たり前ですよね。

しかし、演奏する曲目が多くなってくると、楽譜の枚数も増えてきて、重くて大変・・・

みなさんも、そういった経験を一度はしたことがあると思います。

そこで今回は、紙の楽譜とおさらばして、「スマートな楽譜管理」を可能にする楽譜アプリのご紹介をしたいと思います。

Tanakaがおすすめする、楽譜アプリ2つ

この時代、iOSやAndroidで、楽譜を見るためのアプリはたくさんリリースされていますよね。

「多すぎて、どれを選べばよいのかわからない」という方も少なくないのではないかと思います。

そこで今回は、楽譜閲覧アプリの中でも「iPadユーザーのための、完成度が高く、使いやすいアプリ3選」をご紹介したいと思います。

シンプルな機能で使いやすい!「forScore」

僕がメインで使用しているアプリがこちら。

「楽譜を見る」「楽譜にメモ書きをする」などの、楽譜アプリとして必要な機能を一通り備えているこのアプリですが、便利なところとして、「タブレットを譜面台から外さなくても簡単に操作ができる」という特徴があります。

例えばメモ書き。

メモを残したいページを長押しタップすることですぐにペン機能が起動し、たったのワンタップですぐにメモ書きをすることができます。

ワンタップでメモ書き機能が立ち上がるということは、演奏中や練習中に手軽に楽譜を閲覧・編集したい場合にはとても助かります。

またこのアプリには「セットリスト」という機能があり、楽譜を好きなようにジャンル分けすることが可能。

例えば、Aのコンサートで使う楽譜だけをピックアップしたい場合に、セットリスト機能を使えばかんたんにまとめることができます。

シンプルに、手軽にタブレットを楽譜化したい方には最もおすすめできるアプリといって良いでしょう。

アプリのインストールはこちらから!

・iOS用

機能に文句なし!スマート音楽ライフを実現する「Piascore」

電子楽譜アプリとして必要な機能をすべて備えており、無料で使用できるとは思えないほどのクオリティのアプリ。

Webブラウザのように楽譜をタブ分けして閲覧することができるため、練習

中にパッと別のアプリを表示させることが可能。

またこちらのアプリもセットリスト機能を持っているため、楽譜を好きなようにジャンル分けすることもできます。

¥500の有料版を購入することで、楽譜のスキャン機能やチューナー機能、メトロノーム機能なんかも使えちゃう、とても優秀なアプリです。

またこのアプリの最大の特徴として、「アプリ内に楽譜の専用ストアがある」ということが挙げられます。

これまでの楽譜アプリの多くは、紙の楽譜をスキャンして、pdfデータをPCで用意して、アプリで読み込んで・・・と、電子楽譜化するための手間がとても多いものが多かったように思います。

対してこのアプリはアプリ内の楽譜ストアで好きな楽譜を購入すれば、すぐに楽譜を閲覧することが可能。有料の楽譜もあれば無料の楽譜もありますので、気軽に自分のレパートリーを増やすことができます。

他の楽譜アプリとは一歩抜きん出ているこのアプリ。今後使っていく楽譜アプリとしては、特におすすめできます。

ちなみに、このアプリの開発元であるPiascoreさんは、楽器フェア2018にも出展されるようです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

http://brass-supreme.fun/musicfair2018

一度インストールしてみる価値はあるこのアプリ、インストールは下記リンクからどうぞ。

・iOS用

楽譜アプリをインストールして、あなたもスマート音楽ライフを!

上記でご紹介した2つの楽譜アプリ、それぞれ試してみて、一番良いものをお使いください。

みなさんも、スマートな音楽ライフを楽しみましょう♪